←AcrobatReaderで見る方はこちら

アンガーマネージメント連続講座
2009

自分の感情をコントロールできない青少年が増えています。本講座は、アンガーマネージメントの基礎的理論から実践技術までを連続講座として学び、今後、学校や矯正教育、更生保護等において実際にアンガーマネージメントを実践できる指導者を養成することを目的としています。本年度は、暴力予防のためのプログラムの立案方法、プログラム実践中に生じるさまざまな反応に対する介入演習を中心に行う予定です。

日 時 2009年4月〜11月   全6回    午後1:00 〜 5:00 
場 所 早稲田大学 西早稲田キャンパス 14号館 716 教室 
申込資格

学校、矯正教育施設、更生保護、福祉関連施設等で実際にアンガーマネージメントを実践中、あるいは実践予定の方

募集定員 最低15名で実施、 30名定員
費 用 全6回分 30,000円 
(申し込み用紙を先に送付してください。定員の状況で、参加の可否の通知と同時に振込先をお知らせします。)
連続講座のため
全回参加を必須とします。やむを得ず欠席する回については、DVDと資料をお渡ししますので、自己研修をお願いします。
講 師
本田恵子(早稲田大学教授) 他 ゲストスピーカー

申込先

東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学 教育学部 本田研究室宛

申込書のダウンロード


研修会日程
月 日 内  容
4月18日(土)  (理論編)アンガーマネージメントの理論的理解とプログラムの紹介
 (実践編)暴力予防に必要な要素を組み込んだプログラム立案演習
5月2日(土)

(理論編)活動中に生じるグループダイナミクスの理解
(実践編)活動にのらない者への介入演習、興奮しすぎる者・ルール違反をする者への介入演習

66日(土)

(理論編)衝動的になりやすい認知を変容させるための理論と技法
(実践編)直面化面接 1(抵抗への理解とゆさぶり)

9月5日(土)

(理論編)自分らしさの理解とセルフエスティームを高める要因
(実践編)自己受容への傾聴と共感

10月10日(土)

(理論編)対立解消の理論とミディエーションの技法
(実践編)家族との対立解消演習

117日(土)

(理論編)発達障害を抱える事例への介入
(実践編)アスペルガー障害、感情が未発達な相手との面接演習


  8月20日(木) 希望者に対して、PA(プロジェクトアドベンチャー)の手法を用いてグループダイナミクスを生かした冒険教育の実践演習を 「高尾の森わくわくビレッジ」にて別途行います。詳細は初回にお知らせいたします。