←AcrobatReaderで見る方はこちら

ソーシャルスキルトレーニング へのお誘い

 

 男子中学生を対象としたソーシャル・スキル・トレーニング(SST)を企画いたしました。いろいろなワークや遠足などを通して,仲間づくりや対立解消の力を育てていきたいと思います。今年度は前期5(59)後期6(103)の計11回の構成で行います。今回の募集は前期分のみとなります。ふるってご参加ください

研修会詳細
 

1.前期日程の詳細
日程 2011年5月〜9月(全5回,日程は下記の通りです)
時間 10:00AM〜12:30
場 所 関口メンタルヘルス相談室(下記の地図をご参照下さい)
募集人数 定員 10名 (定員になり次第締め切ります)
年齢 中学1年生 〜 3年生
スタッフ

岡田佳子(芝浦工業大学 准教授,特別支援教育士)

高野光司(早稲田大学大学院,学校心理士)

塚原 望(早稲田大学大学院)

    ※この他に数名のスタッフが加わることがあります。
スーパーバイザー :本田恵子先生(早稲田大学教授)
申込方法

申込先 :芝浦工業大学 岡田佳子宛

申込方法:5月8日までに郵送またはメールでお願いいたします。

1.申込用紙をダウンロード(ダウンロードはこちらから

2.申込用紙を記入

3.申込用紙を送付

・郵送で送る 337-8570 埼玉県さいたま市見沼区深作307

芝浦工業大学 共通学群 岡田佳子宛

・メールで送る sst_jhs_wasedayahoo.co.jp
                (注:☆を@に直してご連絡ください。)

お申込を頂きましたら,確認の連絡をさせていただきます。

お問合せ:mail sst_jhs_wasedayahoo.co.jp 
       (注:☆を@に直してご連絡ください。)

 費 用  お申込を頂いた方に,確認の連絡とあわせてお知らせいたします。
   ※振り込み方法についても,その際にお知らせいたします。


2.日程および活動内容

月 日 内容
5月15日(日)
第1回
自己紹介,仲間づくりのゲーム
日程決め(9月までの予定が分かるもの(学校の年間予定等)をお持ちください)
6月12日(日)
第2回
場面の理解:事例をもとに考える@:相手の行動を整理して理解する
基礎SST:トラブルを大きくしないためのアサーション
自己理解@:自分の見落としやすい情報を考える。
7月10日(日)
第3回
場面の理解:事例をもとに考えるA:相手の行動から気持ちを推測する
基礎SST:相手の反応を見て自分の対応を調整する
自己理解A:“自分の知らない自分”と“他人の知っている自分”を整理する
8月21日(日)
第4回
場面の理解:事例をもとに考えるA:相手の行動から気持ちを推測する
基礎SST:トラブルを鎮めるための声掛け
自己理解B:“変えたくない自分像”と“変えられる自分像”を整理する

9月18日(日)
第5回
全体の振り返り:5回を通じてできるようになったことと,これからの課

前期の主な内容】

@基礎SST(参加者の事例を踏まえ,学校生活で必要なスキルを重点的に扱います。)

A場面の理解(問題場面の中での,相手の考えや気持ちについて考えます。)

B無意識に見せている自分の振る舞いに目をむける。

※以上の内容に加えて10分程度で自己理解のための時間を作ります。

※お休みした回の資料などは,郵送にてお送りいたします。

【日程について】

参加者の予定(試験など)に応じて日程を変更する可能性があります。初回(5月)に調整します。